Hey Visitor!

2010年

11月

02日

本日1horse 1st Album『深核』とDPP 1st Album『DEMO1』発売!!

24時を回り日が変わりました。 

本日は僕のソロアルバムとDEMOPRESS POSSEのアルバムが同時にリリースされます。 

まずは自分の作品について。 

機材などいじくりまわして苦闘していた時から含めて活動は三年半くらいになります。 

2008年のVeretta時代は間違いない礎ですし、SAG.MIC a.k.a.重野さん、Hawk a.k.a.ねもちゃんには本当に感謝です。 

僕のわがまま的な形で2009年頭からはソロで活動して来ました。 

ソロで活動し始めた時からCDを作るというのは頭にあったのですが、正直よく分からず、名前も無いしまずはライブを出来るだけ沢山やろうと思い、2009年はそこに向かいました。 

2009年の半ばMC鈴木DXさんに久しぶりに再会した時に配っていたデモのクオリティにやられました。 

デモ作りを真剣に考えていなかったのですが、デモを作る大切さを実感しました。 

そこからまずはデモ作りに着手。 

10月くらいから『宅録の足跡』という活動初期の曲もVerettaの曲も含めたものを500枚配布。 

無理矢理押し付ける形になってしまったかもしれませんが受け取ってくれた方ありがとうございます。 

そして2010年。 

仕事も三月に辞めてしまったのですが、決して音楽の為に辞めた訳ではありません。 

仕事もとても大切ですし、色々考え直さなければならないと自分で考えた結果です。 

ただ、どうせなら時間を作ってアルバム制作に向かうのも良いなと思い、バイトやら失業保険で何とか生活しながらアルバムを完成させる事が出来ました。 

漠然と『25歳になるまでにCDを作る』という目標を掲げていたのですが、何とか達成出来ました。 

年齢は関係無いとも思いながらも、目標を持ったのは良かったかなと思います。 

まだまだ発展途上ですし、名前だってまだまだというのが事実だと思います。 

しかしながら、今現時点で考えている事、培ってきたものが詰まっている自分で納得出来るアルバムを完成させることが出来たと思っています。 

今回は客演無しでやったのはまずは自分の表現、1horseというMCの中身を知ってもらいたいというのがあります。 

出来る限り自分でやろうと思いトラックもレコーディングも編集も自宅でやりました。 

荒削りだとは思いますが、少しでも多くの人に届けれたら幸いです。 

曲についてもせっかくなので『宅録の足跡』と重複している曲は比較も交え一曲ずつ解説したいと思います(^^) 

既に手に入れて頂いた方もこれから聴いてみようと思う方も楽しんで読んで頂ければと思います。 

下記詳細になります。 

【1st Album『深核』/凱旋門Recordings(GSNMN-001)】\1575-(Tax in) 

神奈川県秦野市出身のMC1horse(ワンホース)による1st Album『深核』が到着。 

客演無し、詩・曲全てを自身が手掛け、発展途上ながら現時点までの己を研ぎ澄まし混沌としたシーンに解き放つ。 

強さ・弱さ・生き方・喜怒哀楽・仲間やヒップホップへの想い… 

『これは粗削りな部分も含めた今の自分にしか出来ない表現』 

奥深くの核(Core)は果て無い。 

秦野で生まれ育った男が心を注ぎ込むヒップホップ。 

自身の責任と共に立ち上げた凱旋門Recordingsからの出発。 

己との戦いは始まったばかりだ。 

-Track List- 

1.出囃子 

この曲は『宅録の足跡』(以下『宅録』)を作った時にも使ったトラックです。 

『宅録』の際も出囃子として使っていましたが、雰囲気が自分でも好きだったので今作では本当はちゃんとした曲にしようと思っていました。 

ただ、予想以上に自分の中で登場のイメージが強くなってしまったので、トラックを少し直して1バースだけ乗せる事にしました。 

アルバムも勿論そうですが、ライブを意識した曲になっています。 

BPMは88。 


2.行動開始2010 

この位置に来る曲はどうしても格好良い曲を持ってきたいと意識していました。 

『宅録』に収録の『行動開始』という曲にとても思い入れがあったのですが、その当時からは考え方も少し変わりましたし、hookのみ引用しバースは全部書き直して2010年ver.にしました。 

トラックに関しては普段は作る際に出来上がったものに対し、テーマなどを考えることが殆どですが、これは完全にこの位置に来る事を意識して作りました。 

スクラッチを入れたりヒップホップをより意識した直球の作風に仕上がったと思います。 

ちなみにソロ活動当初は『行動開始』のリリックに周囲の反応が良く、これ以上の事を書くということにとても苦しみました。 

BPMは105。 


3.弘法韻師 

Verettaを休止してソロ活動を再開させた際に最初に作った曲なので思い入れがあります。 

『宅録』にも収録されていますが、レコーディングし直して、余分な所を削ったり編集し直しました。 

実家の裏の山が弘法山という山で、その名前の由来である弘法大師に掛けた内容です。 

BPMは102。 


4.Deep Blue -深海- 

僕はトラックが出来た時点では歌詞を乗せてみないと出来が分からない場合も多いのですが、これはトラックが出来た時点で相当な手応えがありました。 

僕が感じているヒップホップを深海に例えて表現しています。 

現時点での自分のやりたいことがしっかり出来た曲になったと思っています。 

ライブでの反応も一番良いかと思います。 

いずれシングルカットしてアナログにしたいなと…何とか出来ないかなと思っています。 

BPMは98。 

5.中継地点(Skit) 

その名の通り中継としてのskitです。 

僕のトラックはあまりヒップホップっぽくないと言われる事が多いですが、この曲は特にそう感じるかもしれません。 

ちなみに僕としてはいつもヒップホップを意識しているのですが(笑) 

BPMは76。 


6.死角 

『宅録』にも収録されていましたがその中で最も気に入っている曲です。 

レコーディングし直しましたが、トラックは前に比べアナログ感を出しました。 

自分自身がシンプルな音の中での言葉とのバランスを考えさせられる曲。 

BPMは98。 


7.Brownsource 

日本人としてのヒップホップを掲げているのですが、トラックは黒さを感じるものが好きである自分。 

昔から何故か茶色の服などを好んで着ている自分。 

Brownsourseとして表現。 

自分でも好きな曲です。 

音楽に限らずアナログからデジタルの進行は予想以上に早いですね。 

BPMは84。 


8.Aku Toku Da Wara 

アルバム全体を考えた時にテーマが堅いので何か良い案はないだろうか?と考えた時に社会的なメッセージを考えたのですが、警察やメディアにも言いたい事も無く… 

そんな中、浮かんだのが相撲界。 

僕は小さい頃本当に相撲が好きでした。 

もしかしたらこの曲がアルバムで一番メッセージ性が強いかもしれません。 

BPMは85。 


9.Hadano Skit(Processed Voice) 

これもskitなのですが何か面白いこと出来ないかなと考えていた矢先、最近は使用していないSHUREのSM58が目に入りました。 

『自分の声だけのサンプリングで作ろう』というテーマの元作ったのがこの曲です。 

手拍子なども全て58から集音して作りましたが、製作風景はかなり地味だったかなと思います。 

色々加工しているため分かりづらいかもですが、それも含め聴いてもらえると面白く感じるかもしれません。 

BPMは77。 


10.還すべき場所 〜秦野のMC〜 

表題の通り秦野がテーマ。 

Back in the day的な秦野での過去を振り返った曲です。 

僕の曲の中ではトラック含め割と明るい曲になっていると思います。 

場所の名前は分からないかもしれませんが、それぞれの地元の場所に置き換えて聴いてもらえたら幸いです。 

少しでも秦野を知ってもらえたら嬉しいです。 

BPMは98。 


11.Cycling Road & Free Way 

前曲に引き続きBack in the day要素が強い曲かもしれませんが、哀愁漂う雰囲気に仕上がりました。 

振り返ってみると色々ありましたし、今現在音信不通になっている方々も多いですが、元気ならば何よりです。 

BPMは91。 


12.口内炎 

僕にとっての生涯のテーマである口内炎。 

これを曲にしない訳にはいきませんでした。 

冒頭の会話の部分は大浦君に協力してもらったのですが、奇跡的に一発で絶妙な感じで録れました(違和感あったらすいません) 

ちなみに会話の裏で流れているのは究慈君の曲です(笑) 

YUJIROさんにもらったレコードからのサンプリングもポイントです。 

BPMは95。 


13.RMP2(Battle Runner) 

『宅録』収録の『ランニングマン』のPart2です。 

とは言ってもリリックは同じで気に入っていなかったトラックをロウな感じのトラックに変更しました。 

『宅録』を持っている方は是非聴き比べてみて下さい。 

BPMは98。 


14.遠核 

主催イベントと同名タイトルの曲です。 

イベントと直接関係はありませんが、同じ主旨の元、作りました。 

【遠く離れた場所で『核』になるの意。又は流行と違うところに居ようが核を捨てないさま。】 

BPMは93。 


15.回奏 〜Think Of My Past〜 

『宅録』収録曲、未収録曲の部分を繋ぎ合わせて作ったskit。 

過去の曲を少しでも知ってもらえたら嬉しいです。 

個人的にHawkの叫び声が良いなと思います。 

Veretta時代の製作を思い出します。 

※一定のBPMではありません。 


16.野性ノ馬 

野性を意識したはずが、聴いてみるとしっかりしつけを受けた感が出てしまっているかもしれません(笑) 

ただ自分の道徳の範囲内で思い切りやるというスタンスはこれからも変わりませんし、そこを感じてもらえればと思います。 

BPMは93。 


17.アンダーライン 

『宅録』収録曲でこの曲も気に入っている曲の一つです。 

レコーディングはし直したのですが、殆ど変わっていないかと。 

少し聴きやすくなったかと思います。 

僕は決して強い部分だけでは生きてないですし、内面の弱い部分も出していきたいと思って歌詞を書きました。 

いつでもこの気持ちは忘れたくないです。 

BPMは88。 


18.誕生するものへ 

この曲をアルバムラストに持ってきたのは意外だと思う人が多いかもしれません。 

僕もこの曲は入れるか入れないか最後まで悩みました。 

しかし、表題にもあるようにこの曲も僕から『誕生』したものですし、こういう一面も良いのかなと思います。 

BPMは97。 


All Lyrics By 1horse / All Tracks,Mixed By Kazubariki 
2,11,16.Scratched By T&BREAKS 10.Scratched By Kazubariki 
All Recorded By Kazubariki At Newkotobuki201 
All Mastered By ZGR/ワンパンチ 
Art Works By LAZY-13 

発売元/凱旋門Recordings 
販売元/ZIGOKU-RECORD 


【1horse a.k.a Kazubariki(一馬力)】 

-BIOGRAPHY- 

1985年に神奈川県秦野市に生まれ育つ。 

2007年の上京と共にMC兼トラックメイカーとして行動開始。 

Verettaでの活動を経て2009年よりソロ活動へと移行した。 

主に東京、神奈川など関東中心に活動。 

現在は東京在住ながら地元秦野への想いは強くリリックにも色濃く反映されている。 

独自性の高いトラック、言葉選びもさることながら何よりも熱意を大切にした行動力で現場でプロップスを高めている。 

MCバトルにも積極的に参戦し『ULTIMATE MC BATTLE 2009横浜予選』では強豪ひしめく中、BEST8の戦績を残している。 

2009年10月より偶数月第二金曜日に渋谷bar SHIFTYで『遠核』を主催。 

関東各地の濃いレギュラー陣も話題となり好評を得ている。 

大森サイファーの主催やDEMOPRESS POSSE!など多岐に渡る活動を展開。 

2010年11月3日、自身の自主レーベル『凱旋門Recordings』より1st Album 
『深核』(しんかく)を発売。 


主な取扱店↓ 

disk union 
http://diskunion.net/clubh/ct/detail/100929HH037 

BOOT STREET ONLINE SHOP 
http://bootstreet.net/?pid=24345807 

wenod 
http://www.wenod.com/ 

CASTLE RECORDS 
http://www.castle-records.net/ 

JAR-BEAT RECORD 
http://www.jar-beat.com/ 

yellow pop kawaguchi 
http://yellowpop-kawaguchi.com/ 



『宅録の足跡』に比べると確実に前進出来たと思っています。 

 

ジャケットを手掛けて頂いたLAZY-13さんに本当に感謝です。


僕の思い描くデザインに仕上げてくれました。


そして今回特典用CDとして製作した曲に究慈君が参加してくれました。 


『盟友 feat.究慈/1horse』 

タイトル通りです。 

究慈君とは色々考え方も共有出来る部分も多く、今後もどんどん絡んでいくと思います。 

ライブでも近々やるかと思うので楽しみにしていて下さい。 

特典CDは店舗で限定で付いてます。 

現場販売でも手元にある分だけは付けるようにしていきますので宜しくお願いします。 

UNIONのみアルバム未収録の『何年後』という曲との二曲入りになっていますので、気になる方はそちらでの購入をオススメします。 

ジャケットのSPECIAL THANKS欄は勝手ながら自分がお世話になった人の名前を色々書かせて頂きました。 

正直書き忘れてしまった人も多々いるので、それは本当に申し訳ありません。 

色々な方のおかげでここまで辿り着く事が出来た事を今一度感謝させて頂きます。 

本当にありがとうございました。 


今回はストリート流通なのですが、マサキさんやmilkteaさんに色々とお世話になり感謝です。 

そのマサキさんが立ち上げたDEMOPRESS POSSEとしてもアルバムがリリースされます。 

こちらも今年春辺りからレコーディングを重ねてきました。 

甘葉さん、ジオラマさん、アスベスト君とのレコーディングは本当に刺激的でしたし、何より引っ張ってくれたマサキさんに感謝です。 

下記詳細。 

DEMO PRESS POSSE/DEMO 1 

2010年11月3日 / 1,575円(税込) 

通称をDPP.2010年初頭のジゴクナイトを通して意気投合.若干裏方作業に回った埼玉県川口市のご存知ZGR!マサキオンザマイクがパッケージの保護と回りを活かしたいと個性的なメンバーで企画.結成に至る。神奈川県秦野市の1horseを筆頭に広島県福山市の甘葉。神奈川県小田原市からアスベスト。東京都練馬区からはZ.I.O-RAMA(ランクインされたマサキオンザマイクの7インチ でもお馴染み)。で構成。春から定期的に楽曲製作を繰り返す個性的なBeatsに絡み付く言葉の数々アンダーグラウンドのくくりすら抜けてきたオリジナリティを備える。各地のプロップスを集結させた注目POSSEは99枚限定7インチpt2「45回転サポーター」(10/10発売)でお手並み 拝見 
全曲スタジオレコーディングと話題のエンジニア ZIGOKU-RECORD のワンパンチによるマスタリングで「仰天444枚の限定フルアルバム」をリリース! 
その名も「Demo 1」!(収録時間は60分以上。デモ CD 領域の限界へ。CD不況に刺激を注入か?!)11月27日にはリリースパーティーがジゴクナイトとして予定されている。 
今後もひたすらデモをパッケージしていくスタンス、停滞を好まない ING 現在進行形の MCz。 
LIMITEDTshirt や PV も注目である。(余談だが相変わらずマサキオンザマイクは楽曲をライブではやっておらず...。西川口 Style は続く...) 


1. マサキオンザマイク - マイメンズストーリー 
2. マサキオンザマイク/Z.I.O-RAMA - B-BOY酔っ払い 
3. マサキオンザマイク - マイノリティプロップス 
4. アスベスト - MIC SHOT YA 3 
5. 1horse.マサキオンザマイク.アスベスト.Z.I.O-RAMA - ヒップホップ原点回帰 
6. 甘葉.マサキオンザマイク.Z.I.O-RAMA.Ripper.LARGE kt.未開封 - 日常 
7. マサキオンザマイク - ディスカバリーライセンス 
8. 甘葉.Z.I.O-RAMA.マサキオンザマイク - 東京ピクニック 
9. マサキオンザマイク.1horse - 勝利と敗北のセオリー 
10. アスベスト.マサキオンザマイク.1horse - MCファイティング 
11. FOOTBALL CRAZY - 025/Thank you (亡くなったおばさんへ) 
12. JIMMY(伝説建設).1horse.アスベスト.マサキオンザマイク - くわがたたくさんとれるかな 
13. DJ FRAMEN5 ft 1horse.甘葉.マサキオンザマイク DJ FRAMEN5 
14. 1horse.アスベスト.マサキオンザマイク 真夏のクリスマス (果てしなきセルアウト) 
15. FOOTBALL CRAZY - ベネゼエラレイブパーティー 
16. ILL-坊や.Z.I.O-RAMA.甘葉.マサキオンザマイク.1horse - 自己嫌悪No.48 

主な取扱店↓ 
we nod 
http://www.wenod.com/ 

disk union 
http://diskunion.net/clubh/ct/detail/100929HH036 

CASTLE RECORDS 
http://www.castle-records.net/ 

JAR-BEAT RECORD 
http://www.jar-beat.com/ 

BOOT STREET 
http://www.bootstreet.net/ 

yellow pop kawaguchi 
http://yellowpop-kawaguchi.com/ 


初めてのCDリリースが二作品同時というのは本当に嬉しく思います。 

正直に僕のソロとは全く違う作風と言って良いと思います。 

DEMOPRESSも次回作の動きに入っていますが、前進するためにやるからには思い切りやっていきます。 

その上でPOSSEとして馴れ合いにならず切磋琢磨していきたいと思います。 

マサキさんに最大限の感謝。 



音楽に限らず小さな事を目標に少しずつ前進してきた結果CDリリースに繋がったことは間違いありません。 

通過点に過ぎませんし、これからもこつこつと頑張りたいと思います。 

至らない点も多いと思いますが一緒に成長して行きたいですし、良かったらこれからも応援宜しくお願い致します。 


日記書き始めて三時間近く経ってしまいました(笑) 

毎回長い日記で申し訳ありませんが読んでくれた方に感謝です。 

ありがとうございます。 

それではまた。 

以上 

I`ll be back☆